日本の株からアメリカの株へ

今回は、これからアメリカの株を扱ってみたい人へ向けた記事となります。日本の株は何となく知っている、というレベルを想定しています。それでは参りましょう。

 

株式とは、企業による資金調達の手法です。これを販売することで、インセンティブを提供しながら、投資を受け付けています。私たちは、この株式を買うことで、投資機会を手にすることができます。

 

日本の会社の株式を取引する場所は、取引所と呼ばれます。日本では東京証券取引所が一番有名です。「有名」というだけでなく、取引量も大部分を占めます。これの他には、マイナーになりますが、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所があります。

 

ここまでが日本の株式の基本です。

 

アメリカの株(つまり米国株)ではどうでしょうか?アメリカの別の証券取引所を介した取引を行うことになります。アメリカにいくつの証券取引所があるかと言うと、2つです。日本より少ないのは、ひょっとすると意外な事実かもしれません。

 

アメリカには、ニューヨーク証券取引所とナスダックがあります。

 

これらを介して米国株の取引を行うことになるのですが、実際にはあまり意識しないかもしれません。というのも、日本から米国株を取引するには、日本の証券会社を利用します。ですので、基本的な工程はすべて、日本の株式の場合と同じです。

 

日本の株式と米国株の違いについては次の記事でもう少し詳しくご説明します。

 

蓮