【疑問を解決】株式にNISAは使えるのか…?

今回のテーマは、株式とNISAです。どちらも、今話題のキーワードですので、あなたも、きっと耳にしたことがあるはず。でも、それぞれの関係を詳しく説明するとなると、簡単ではないかもしれません。

 

株式とは、株式市場で売り買いされる証券の一種であり、会社が資金集めをするために発行されます。投資家はこれを投機目的で購入することができます。売り買いから利ざやの発生を目指すことも、保有して配当から利益を手にすることも可能です。

 

続いては、この株式をNISAと組み合わせることについて考えてみましょう。NISAとは、証券の取引に際して税金がある程度(一定の範囲内で)免除される仕組みです。通常、株式などの取引に際し発生した利益には税金が課せられます。ちなみに、「売り買いによる利益」だけではなく、先にも触れた「配当」にも同じことが言えます。

 

NISAにはいくつかの種類があるのですが、その中でも中心となるのが一般NISAです。今回は(他のNISAは別の機会で扱うとして)これについて見てみましょう。

 

日本在住の20歳以上の人が一般NISA口座を開設する資格を有します。

 

大事なポイントとなるのが、5年間という非課税期間です。簡単な例で考えてみましょう。ある株式を購入したとします。それを5年間保有します。5年後には、値が上がったことで、利益が生まれました。

 

通常であれば、この利益に対して20%の税金がかかります。しかし、NISAでは、(5年間という上限で)この分の税金がゼロに(非課税に)なります。これはかなりの違いになります。ただし、株式を購入できる金額には上限があります。1年間で120万円までです。ですので、最大で120万円×5年分の株式から得られる利益に対する税金が免除されます。

素朴な疑問:FXで負けないことは大事なのか

素朴な疑問:FXで負けないことは大事なのか

FXに従事する人にこんな質問を投げかけたとします。FX取引において、負けないことは大事でしょうか─答えは、十中八九「はい」となるでしょう。いや、むしろ、全員が負けたくないはずですから「はい」の確率は100%になるはずです。

それでは、実際に、成功を収めているFXトレーダーは「負けていない」のでしょうか。ここで面白いことがわかります。実は、最終的に勝っているFXトレーダーは、そこにいたるまでに、何度も負けています。なんと「負けないこと」を重要視していないのです。

これについてもう少し詳しくご紹介します。負けるのは仕方がないことです。全てのトレードで、必ず読みがあたることなどあり得ません。「それくらい当たり前だ」と言われるかもしれませんが、初心者であるほどに、この事実を忘れがちです。

読みがあたらないことは、本来であれば5割ほどあるはずです。しかしながら、最終的に勝てない人は─単なる勝ち負けの数にこだわるあまり─この負けの回数を減らそうと躍起になります。例えば、値上がりすると予想して勝ったユーロが、値を下げた時。初心者は、意地でも値上がりを待ちます。「いつかは上がるのだから」という発想でしょうか。

または「マイナスに落ち着くわけにはいかない」という焦りかもしれません。このような考えで、損切りを忘れると、本当に厄介な事態が発生することがあります。玄人であるほどに、潔く損切りをすることの重要性を知っているものです。

子供を授かる前に考えたい人生のファイナンシャルプラン

子供を授かる前に考えたい人生のファイナンシャルプラン

あなたは、お金の管理が得意な人でしょうか。日頃から、将来のことを考えて、お金のやりくりをしているでしょうか。いくらお金の扱いが上手な人であっても、いざ、何にいくらを使っているのかと尋ねられると、案外、ちゃんと答えられないものです。

そんな状態で子供が生まれたらどうでしょう。子育てというのは、堅牢なるファイナンシャルプランがあってこそ、こなすことのできる代物です。気合いだけではダメです。

これから子供を授かる人、それどころか、まだ結婚の予定すらない人にこそ、この点を考えてもらいたいものです。子供が生まれると、家族の構成員が一人増えるわけですから、その分の出費が発生します。

厄介なことに、そんな出費がかさむ状態にありながら、同時に、学校に通わせてあげるだけの貯金をする必要があります。

うまくできる人ほど、先のことを考えています。ここで言う「先のこと」とは、子供が生まれる瞬間のこと。そう、つまり、子供を授かる前から、結婚する前から、計画すべき時期は始まっているのです。これを先延ばしにしてはいけません。

税金対策にもなるという意味で、おすすめなのが、投資です。投資と言っても、様々なかたちがありますが、数十年先を見越すのであれば、インデックスという非常に安定した成長が期待できる株式への投資が可能です。さらなる安定性という意味では、確定拠出年金でもいいでしょう。さらに、税の免除を受けるために、NISAを賢く活用したいものです。

節約ができない人のためのちょっとしたコツ

節約ができない人のためのちょっとしたコツ

日頃から「お金が貯まらない」と嘆いている、そこのあなた。これからご紹介するコツがきっとお役に立てるはずです。節約が失敗する人に一番ありがちなのが、「いくら使っているのか、把握できていない」パターン。

お金は貯めたい。数百万の貯金が目標。そんな意気込みはいいのですが、まずは、普段の出費を理解しないことには、何も進めようがありません。現状を知らずに目標を立てることは不可能です。現実と理想の乖離が起きてしまいます。

現在の出費を把握するのにおすすめなのが、マネーツリーなどのウェブサービスを使うことです。マネーツリーは口座情報を直接紐付けて、口座にいくら入り、そこからいくら出ているのかを追跡するのに使えます。

面倒な設定は必要ありません。何もしなくとも、自動で、お金の追跡ができます。とくにクレジットカードに普段から頼っている人は「知らないうちに、こんなに使っていたのか」という驚きにも似た気づきが得られるはずです。

さらに家計簿をつけるのも効果的です。自ら書くことで「げ、こんなに使っちゃった」という、現実的な「痛み」が感じられます。

それくらいの、気持ちの悪さがないと、人間は改善を行う気にならないものです。どうしても手書きでの記入が面倒ならば、マネーフォワードなどのアプリを使うことができます。レシートから読み込んでくれるものなどもあるので、非常に便利です。